横浜銀行のカードローン審査の特徴【金利・時間・限度額】

横浜銀行のカードローン審査の特徴【金利・時間・限度額】

横浜銀行カードローンは関東地方の中でも、東京・神奈川・群馬県の一部(前橋市・高崎市・桐生市)にお住まいの方、またはお勤めの方が多く利用している地方銀行のカードローンです。

銀行と聞くと口座開設・預貯金といったイメージを持たれる方もいますが、横浜銀行は大手メガバンクにも負けない魅力があります。

このページでは、お金を借りる際に横浜銀行カードローンの利用を検討している人に向けて、

  • 横浜銀行カードローンの審査申込みについて
  • 横浜銀行カードローンの金利について
  • 横浜銀行カードローンで早く借りる方法

といった部分をメリットやデメリットはもちろん、注意点など多くの人が気になっている部分を解説しています。

すぐに借入したい人はこちら

横浜銀行カードローンの特徴

横浜銀行カードローンの特徴

横浜銀行カードローンの特徴としてピックアップするポイントとしては2つあります。

  1. 横浜銀行の口座をもっていなくても最短翌日融資が可能
  2. 銀行系カードローンの中でもトップクラスの1,000万円の限度額設定

それぞれの特徴について、なるべく分かりやすく解説します!

口座がなくても最短翌日融資が可能

最短翌日融資が可能横浜銀行カードローンは口座がなくても利用でき最短翌日にはお金を受け取る事ができます。

口座が有るか無いかで審査への申込み方法が異なるので、詳しくは公式ページ、または当ページ後半でわかりやすく違いを解説させてもらいますので、そちらをご確認ください。

最大1,000万円まで借入れ可能

低金利で最大1,000万円まで借入れ可能銀行系カードローンは、消費者金融と比較して平均金利が低い傾向があります。そして横浜銀行カードローンは最大1,000万円まで借入が可能です。

この限度額設定は地銀のなかでもトップクラス、もちろん最大限度額で貸付を受けるには一定の審査基準をクリアする必要がありますが、あなたが多くの資金融資を受けたいのであれば、他銀よりも横浜銀行をおすすめします。

横浜銀行カードローンの審査と限度額

横浜銀行カードローンの審査と限度額

ではここからは審査について解説してきますが、基本的な流れは他銀、消費者金融とかわらず、まず返済能力が有るのか無いのかを仮審査で確認をおこない、返済能力ありと判定されれば本審査をおこなう流れです。

仮審査では主に年収の確認や、勤務情報を必要書類・在籍確認を元に横浜銀行で判断します。

ポイント
カードローンを利用する場合、ほとんどの金融期間で在籍確認は必要になります。ただどうしても勤務先に連絡してほしくない場合は、WEBから申込みをしたあとに電話問い合わせをおこなって相談してみてください。

限度額は年収などで決められる

横浜銀行カードローンは、貸付限度額が1,000万円と高額設定になっている事をお伝えしましたが、お金を貸す人の返済能力を超える貸付はおこなえませんので、あなたの年収(税金含む)などによって金額が決まります。

あくまで極度額(最大で貸し付けてくれる限界)になるので、自身の状況をしっかり把握したうえで、無理のない返済できる範囲内で希望額を記入してください。

貸付と信用リスクについて
横浜銀行カードローンをはじめて利用する人は、まだ信用がそれほどない状態となり銀行側からは信用リスクがどれほどあるか判断が難しい状態のため、借入範囲が限定されていますが、借入後にしっかり延滞なく返済すれば融資限度額が高く設定される可能性もあるので、返済はくれぐれも期日前に!

主婦やアルバイトでも申込み可能

主婦・アルバイトでも利用可横浜銀行カードローンでは、パート・アルバイトで安定した収入がある主婦でも審査に通る可能性は十分にあります。

また、雇用形態の制限もないため、自身に収入がない専業主婦であっても、世帯収入や信用情報を元に融資可能となれば借入できる可能性があります。

ただ、ここで信用情報に問題がある状態だと、専業主婦の場合は審査通過する可能性が低くなるので、審査に申込みをおこなうまえに、自分の信用情報に問題がないかの確認をおこなう事をおすすめします。

次に、貸付金額に対して設定される年間金利(利息)について解説します。意外に設定基準をしらない人もいるので、分かっているという人も確認しておきましょう。

横浜銀行カードローンの金利について

横浜銀行カードローンの金利

横浜銀行カードローンの金利については、借入限度額によって決まる仕組みになっています。

ざっくりと元本に対しての金利について説明すると、限度額が低いほど金利は高く設定され、限度額が高い金額だと低く設定されます。

言葉でいっても、難しいと感じる方は、借入限度額と金利の関係について一覧で分かりやすくまとめてみましたので参考にしてください。

借入限度額 金利(年利)
100万円以下 年14.6%
100万円超200万円以下 年11.8%
200万円超300万円以下 年8.8%
300万円超400万円以下 年6.8%
400万円超500万円以下 年4.8%
500万円超600万円以下 年4.5%
600万円超700万円以下 年4.0%
700万円超800万円以下 年3.5%
800万円超900万円以下 年3.0%
900万円超1,000万円未満 年2.5%
1,000万円 年1.9%

基本的には、上記の表の金利が借入金額にに対して適用されると認識をしておけば大丈夫です。

初回契約時の金利(限度額)は?

初回利用時は最大金利金利については、イメージできたかと思います。

ですが、ここで疑問に感じるのが「初めてで、自分の年収は年8.8%でも問題なく返済できる収入があるから300万円借りれる?」といった、現在の自分の状況に見合った金額が、横浜銀行カードローン審査にはじめて申込む場合で借りる事が可能なのかという話です。

これについては、いくら安定した収入・高収入を収めていても、先にご紹介した「信用リスク」があるため一概には言えません。(信用リスクは正しくはクレジットスコアとしてカードローン各社が保有している「お客さんの信用度」をスコア化したものです。)

ポイント
信用リスクがある内は、不満に思うかもしれないですが高額融資が可能と断言はできません。なので初回契約の審査時には、返済に無理のない金額で申込みをし返済の実績を積んだうえで融資額を引き上げてもらう方法をおすすめします。

金利について、大体のイメージは掴めましたか?

それでは、次に横浜銀行カードローンで早く借りる方法として、即日融資を受けることが可能なのかという点について、少し掘り下げて解説していきます。

横浜銀行カードローンの融資について

横浜銀行カードローン融資について

ここまで審査面、金利面から横浜銀行カードローンについて解説してきました。

続いては、融資面について…融資を受ける際の基本的な流れから、即日融資を受ける事が可能なのかといった部分について解説していきます。

まずは当ページ冒頭でもご紹介したように、横浜銀行カードローンの審査スピードについては、口座が有るか無いかで申込み方法・審査スピードが違ってきます。それぞれのケースで解説しますので確認していきましょう。

横浜銀行の口座をお持ちの場合

横浜銀行の口座をお持ちの場合すでに横浜銀行の支店口座をお持ちの場合は、WEB完結契約を利用する事が可能になっているので、公式サイトにアクセスしたうえで、審査に必要な情報を入力してカードローン申込みをおこなってください。

その際に必要なのは、横浜バンクカードまたは、横浜銀行のキャッシュカードを用意しておけば問題ありません。

申込み完了後は、横浜銀行側で、申込内容等の確認がおこなわれ、審査結果が電話またはEメールで連絡があるので待ちましょう。

横浜銀行の口座をお持ちでない場合

横浜銀行の口座をお持ちでない場合横浜銀行に口座を持っていない場合にはWEB完結契約は不可となるため、郵送、電話、もしくはWEB申込、仮審査の審査結果の連絡が電話できます。

その後、審査を通過できた場合「契約書類」を郵送受け取りもしくは公式サイトからダウンロードをしたうえ振込・返済用口座の情報などを手書きで記入し、完成した書類を郵送またはFAXで送信するという流れが必要です。

説明をお読みただいても分かるように、郵送の場合は送ってから届くまでの時間があるため、審査期間は長くなるので、あらかじめ注意しておきましょう。

横浜銀行カードローンは即日融資OK?

即日融資は可能か?即日融資を受ける事が可能なのか…お金に困っている人にとっては重要な条件ですが、横浜銀行カードローンでは即日融資はできません。

「本当に?」と私もはじめ思いましたが、公式サイトを確認すると「最短で翌日」と表記されているため、どんなに早くても最短翌日融資という事になります。

お申し込みは簡単!インターネットなら24時間365日お申し込みになれます。
しかも、来店不要で、最短で翌日にはご利用可能です。
引用元:横浜銀行カードローン公式サイト

近年、銀行系カードローンは審査基準の厳格化と即日融資についても自主規制をおこなっています。ただ、カード到着前に振り込み融資が可能ですので、契約日当日に融資を受けられます。最短翌日融資であっても急いでいる人にはとても頼りになるのではないかと思います。

まとめ

まとめ

横浜銀行カードローンの審査・金利・融資について、ここまでご紹介してきました。

審査申込みについては、はじめての人には特にハードルが高い部分でもあるため、当ページを参考にしていただき横浜銀行カードローンへの申込みをご検討してください。

また、ここまで記事をお読みいただき「自分には合わない」「即日融資してもらう必要がある!」という人は、当サイトのトップで即日融資対応・低金利といったカードローン・キャッシング会社をご紹介していますので、一度ご確認いただき比較の参考にしてください。

お金借りる時おすすめのカードローン・キャッシング一覧へ