審査の甘いカードローン!審査に通りやすいおすすめカードローン一覧を紹介!

審査の甘いカードローン!審査に通りやすいおすすめカードローン一覧を紹介!

審査が甘いカードローンを探している方の理由はそれぞれですが、審査に落ちることなくスムーズにお金を借りたいと考えていますよね。

カードローンの審査は銀行や消費者金融によって、重要視する項目が異なり、審査に柔軟に対応してくれるカードローン会社があれば、審査が厳しく申し込み時の年収制限を設けている商品もあります。

この記事では、審査が甘いカードローンを探している人に向け

  • 口コミで人気の審査に通りやすいカードローンランキング
  • 審査が甘く、通りやすい地方銀行や中小消費者金融の紹介
  • 審査の甘いカードローンの審査に通れない場合の対処方法

など、審査の甘いカードローンや、カードローンに通らない人の特徴や審査に通るためのコツと方法を紹介します。
ぜひ参考にしてください。

審査が甘いカードローンを口コミを基にランキング形式で紹介!

それでは早速、世間や一般的に言われる審査が甘い・通りやすいと言われているカードローンを業態別に口コミを基に紹介していきたいと思います!

補足:審査が甘いってどういうことなのか?

審査が「甘い」カードローンというものは厳密には存在せず、便宜的に「甘い」という表現を使用しています!

◯「甘い」と言われるカードローンの基準としては…
→審査通過率が高いことから、審査に通りやすいと言われているところ
→独自審査を設けて審査基準が柔軟なところ

そもそも審査って何なの?なんのためにするの?」と漠然とした疑問がある方は「カードローンの審査が不安でも大丈夫!審査内容と通りやすくするためのコツを徹底解説」審査についてわかりやすく解説しているのでチェックしてみてください!

それでは、おすすめのカードローンを見ていきましょう!

審査の通過率が高い大手カードローン!

即日融資が可能な審査通過率が高い大手カードローンはコレ!
まずはじめに紹介していくのは大手消費者金融のカードローンです。
利用者数としては銀行カードローンよりも少ないのですが、審査通過率は高めです!

◯人気の高い大手消費者金融カードローン

 

カードローン名 審査通過率 金利 借入限度 公式HPリンク
プロミス 44.2% 4.5%~17.8% 1万円~500万円 公式サイト
アイフル 44.2% 3.0%~18.0% 1万円~800万円 公式サイト
アコム 44.0% 3.0%~18.0% 1万円~800万円 公式サイト
レイクASLA 30.1% 4.5%~18.0% 1万円~500万円 公式サイト

以下からはそれぞれのカードローンの特徴と利用者の口コミを紹介して行きたいと思います!

プロミス

プロミス

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短1時間
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間

①Yさん
女性/40代/パート
借入金額:20万円
資金使途:教育資金
融資までの時間:1時間
【総評】
「審査も早く、融資もその場でできたので良かったです。収入の少ないパート勤めでも、審査に通過できたので、審査に落ちた銀行カードローンよりは審査に通りやすいように感じました。」

②Tさん
男性/40代/会社員
借入金額:30万円
資金使途:車検費用
融資までの時間:1時間程度
【総評】
「給与が安定してるなら厳しい審査はありませんし、審査後すぐにお金をおろすことができたのでとても便利でした。私はほかからの借入がなかったためか、かなりスムースに審査が進んだと思います。」

③Kさん
男性/50代/アルバイト
借入金額:10万円
資金使途:生活費
融資までの時間:1時間
【総評】
「返済がコンビ二で出来るので、とても便利でした。金利が17.8%と他の消費者金融よりも安く、自分はアルバイトという身分だったので、正直審査に落ちると思っていたのですが借りることができたので、意外と通りやすいのではないかと感じました。」

アイフル

アイフル

融資上限額 即日融資 融資時間
最大800万円 最短60分
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間無利息

①Oさん
男性/30代/派遣社員
借入金額:20万円
資金使途:引越し費用
融資までの時間:4時間程度
【総評】
「他のところはすごく金利が高いイメージだけど借りたところはそんなに高い感じがしなかったので返済できるイメージができたのでよかったです。他のカードローンを利用したことがないので通らいやすいかどうかはわからないです。」

②Iさん
男性/50代/自営業
借入金額:50万円
資金使途:葬儀代金の補填
融資までの時間:2時間以内
【総評】
「急に大金が必要になった為、申し込みから融資までのスピードが大変早かったことは、とても有り難かったです。それなりにコンスタントに収入があり、虚偽ではないが資金用途が一時的にお金が必要なものだったので、審査が比較的カンタンに進んだのかなと思います。」

アコム

アコム

融資上限額 即日融資 融資時間
最大800万円 最短60分
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間無利息

①Hさん
男性/30代/正社員
借入金額:50万円
資金使途:引越し用と生活費
融資までの時間:1日
【総評】
「希望の金額で審査が通った点と審査時間が短くすぐに融資可能の連絡がきた点を考えると審査はかなり通りやすいと感じました。また、当時の私は正社員として勤務をしていましたが勤務年数は3年程度で収入もそれほど多くはありませんでしたが、それでも審査に通った点も、アコムの審査はそこまで厳しくないのかなと感じました。」

②Uさん
男性/30代/正社員
借入金額:50万円
資金使途:冠婚葬祭
融資までの時間:2時間位
【総評】
「審査から融資までのスピードが早く、クレジットカードとして使えるカードもむじんくんで手続きを行えば2時間ほどで発行できることです。CMなどで宣伝をバンバンしているので顧客を増やしたいという意味では審査に通りやすいのではないでしょうか。」

レイクALSA

レイクALSA

レイクALSA

融資上限額 即日融資 融資時間
最大500万円 最短60分
審査時間 来店不要・WEB完結 無利息期間
最短30分 30日間(*)

※200万円までの借入で5万円まで180日間無利息

①Sさん
女性/20代/派遣社員
借入金額:25万円
資金使途:引越し費用
融資までの時間:約1時間
【総評】
「契約当時身分証が健康保険証しかなく、ほかの金融機関でも契約は難しいといったことがネットに書かれてあり、レイクALSAは保険証でも大丈夫だということで審査も無事に通り、すぐに借りることができたため助かりました。」

独自審査で通りやすい?中小消費者金融カードローン

独自の審査で通りやすい中小消費者金融カードローン・キャッシングはコレ!

「お金を借りる」と考えると大手や銀行をイメージしがちですが、中小の消費者金融も世の中にはたくさんあります。

そんな中小消費者金融の一番のメリットは「審査の柔軟性」です!
他で融資を受けれなくても、中小消費者金融なら融資を受けれるかもしれません。

今回はそんな中小消費者金融の中でも選りすぐりの4社を紹介していきたいと思います。

◯審査に通りやすい中小消費者金融カードローン・キャッシング

カードローン名 審査時間 金利 借入限度 公式HPリンク
フタバ 1時間程度 4.5%~17.8% 1万円~500万円 公式サイト
セントラル 最短30分 3.0%~18.0% 1万円~800万円 公式サイト
ユーファイナンス 不明
(即日融資可)
4.5%~18.0% 1万円~500万円 公式サイト
アロー 最短45分 3.0%~18.0% 1万円~800万円 公式サイト

以下からはそれぞれのカードローンの特徴と利用者の口コミを紹介して行きたいと思います!

フタバ

フタバ

設立してから50年以上という中小金融機関にしては最も長い歴史を持っている金融機関です。即日融資に対しても積極的で、「多重債務だけど、ダメ元で申し込んで可決した!」 など評判の良い金融機関です。

金利 限度額 審査速度
14.959%~17.950% 10万円~50万円 最短即日

①Aさん
男性/20代/学生
借入金額:10万円
資金使途:友達と海外旅行
融資までの時間:1日
【総評】
「カードローンをフタバしか利用したことがないので審査の通りやすさが分からないが、少なくとも学生の自分でも10万円借りることができたので、決して審査が厳しいとは思えない。」

アロー

金利 限度額 審査速度
15.00%~19.94% 1万円~200万円 最短45分
男性/50代/派遣社員
借入金額:5万円
融資までの時間:1時間
【総評】
自己破産をしたことのある人間にも貸してくれる消費者金融ということで、少し不安でした。しかし、スムーズに貸してくれ、担当者の方も丁寧だったのでとても安心しました。
信頼のできる会社です。
(引用元:お金の法則)

セントラル

セントラル

2017年から全国のセブン銀行で借り入れ・返済が可能になり、中小消費者金融の中でもかなり便利なカードローンです。また、セブン銀行と提携できるほど、信頼度が高く、大手とほぼ変わらないカードローンであると言えます。

金利 限度額 審査速度
4.8%~18.0% 1万円~300万円 最短即日

女性/40代/会社員
借入金額:10万円
融資までの時間:30分
【総評】
「3社からの借り入れがあり、もう借りれないかと思っていましたが、セントラルは大丈夫でした。そして何よりも審査時間が30分程度だったことがありがたいです。急いでいる時は、非常にありがたいキャッシングです。」
(引用元:お金の法則)

ユーファイナンス

ユーファイナンス

ユーファイナンスは「借り換え」専用の大口ローンに特化した中小消費者金融です。
そのため少額での借入はできないのですが、多重債務で苦しんでいる方などに対しては積極的に融資を行っています!

金利 限度額 審査速度
7.3%~15.0% 100万円~700万円 最短即日
女性/50代/パート
借入金額:30万円
資金使途:運転免許取得の費用
融資までの時間:1日
【総評】
「既に100万円の借り入れがあり、他の会社での審査には落ちていたのですが、ここは通りました。仕事面も勤続年数も、まだ1年位と短かったのですが、そうした事も特に問題なかったようで、とにかく仕事をしていて収入があれば良いという感じでした。」

審査が甘い地方銀行カードローンはコレ!

審査が甘い地方銀行カードローンはコレ!

最後に紹介していくのは地方銀行です!

地方銀行の良い特徴としては、低金利で全国展開の大手銀行カードローンよりも、審査が通りやすいです。

ただ、審査スピードや自動契約機が無いといったデメリットもありますが、地元の銀行をメインバンクとして利用している方にとっては、一部銀行では審査優遇などがあるため優良なカードローンであると考えられます!

◯審査に通りやすい地方銀行カードローン

対応地域 カードローン名 審査時間 金利 借入限度
全国 大垣共立銀行カードローン 最短即日 4.5~12.0% 10~1,000万円
北海道銀行カードローン ラピッド 最短即日 1.9~14.95% 1~800万円
荘内銀行カードローンWEB 最短即日 3.5~14.6% 10~500万円
北海道地方 北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」 1~3日程度 1.9~14.7% 10~1,000万円
東北地方 大東銀行カードローン『プレミアムD』 最短2日 2.9~14.5% 10~1,000万円
関東地方 横浜銀行カードローン 最短即日 1.9~14.6% 10~1,000万円
中部地方 長野銀行カードローン「リベロ」 2~7日程度 5.5~14.5% 10~500万円
近畿地方 近畿大阪銀行カードローン 最短2時間 9.0~12.475% 30~200万円
中国地方 広島銀行カードローン 最短即日 12~14.6% 10~500万円
九州地方 福岡銀行カードローン 通常5~7日 3.0~14.5% 10~1,000万円
沖縄地方 沖縄銀行カードローン「チェキット」 最短即日 3.75~14.6% 10~1,000万円

もし、気になったカードローンがありましたら、この表の「カードローン名」からそれぞれの地方銀行カードローンの利用者の口コミや、メリット・デメリットなど、より詳しい情報が確認できるので是非チェックしてみてください!

審査の甘いカードローンに通らない理由を徹底解説!

ここまで審査に通りやすいと言われているカードローンを紹介してきましたが、このようなカードローンに申し込んでも実際には審査に落ちてしまう場合もあります。

そのような状況に備えて、審査の甘いカードローンに通らない理由をここでしっかりと理解してから、カードローンに申し込むようにしましょう!

申し込み条件をクリアしないと審査に受けれない!

まずはじめにどのようなカードローンにも「申し込み条件」というものがあるのをご存知でしょうか?

ほとんどのカードローンの申し込み条件
  1. 申し込み時に満20歳以上
  2. 継続的で安定した収入がある

主にこの2つが基本的な申し込み条件で、これを満たしていない「未成年」の方や、
無職」の方は基本的に審査にたどり着けずに否決されていると考えましょう。

僕みたいな未成年や、私のような専業主婦や無職の場合はお金を借りることは出来ないっていうこと?

いいえ、決してそうとは限りません。

未成年の学生や専業主婦、休職中の方でも借りることの出来るローンについてまとめた記事を載せておきますので是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

 お金借りる
お金借りる
https://loan.webstar-marketing.co.jp/cardloan-gakusei.html
 お金借りる
お金借りる
https://loan.webstar-marketing.co.jp/sengyo-syufu.html

審査に通らない人の特徴ってどんなもの?

次に「申し込み条件」はクリアしているが、なかなか審査に通過することが出来ない、そんな方に共通している特徴を説明していきたいと思います。

審査に通らない人の特徴
  • 勤続年数が短い
  • 他社借り入れ件数、金額が多い「多重債務」の状態
  • 返済滞納や金融事故など信用情報に傷がある、いわゆる「ブラック」

それぞれの特徴について説明していきたいと思います!

勤続年数が短い

審査に落ちる人に多い特徴として「勤続年数が短い」というものが挙げられます。

勤続年数はその申込者が「しっかりと安定した継続的な収入がある人なのか」を判断する際に重視されます。

審査に通る確率を上げるには勤続年数が1年以上ある状態で申し込むのがベストです。

そのため転職をしたばかりだとか、勤続年数が1年未満での状態での転職を繰り返している人などは審査に不利になります。

他社借り入れ件数と借入金額が多い「多重債務」の状態

借り入れ件数が多く、借入金額が多い場合、いわゆる「多重債務」の状態だと審査に通過することが難しくなります。

一般的な「多重債務者」の性質として、借金を借金で返済しているというケースが多く、その返済能力や、計画性の無さがカードローン審査に悪影響を及ぼしている場合が多いです。

また、同じ借入金額でも、1社で大きな金額を借りているより、多重債務者の方が信用度は落ち、審査に通りにくいです。

そのような状況の方には、「おまとめローン」に申し込んでみることをおすすめします。

その名の通り、多重債務者の複数の借入を一つの会社に一本化するというサービスで、場合によっては総返済額が少なくなる可能性もあるので、ぜひ検討してみてください!

信用情報に傷がある「ブラック」の方必見!

次に説明していくのが「信用情報」です。

補足:信用情報とは?
「クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報」と定義されています。
(引用:指定情報機関JICC)

この信用情報に傷がついてしまうと「ブラックリスト」入ってしまいます。
では、一体どのような行動が信用情報を傷つけてしまうのか?以下にまとめてみました!

信用情報に傷がつくパターンのまとめ
  • ローンの返済滞納
  • クレジットカードの支払い滞納
  • 携帯電話利用料金の支払い滞納
  • 自己破産や任意整理などの債務整理をした人
  • 短期間に複数のカードローンに申し込みをする(申し込みブラック)

「滞納」に関しては、返済日・支払日から61日以上の長期的な滞納をしてしまった方はブラックリストに入っていると考えましょう。

ブラックリストに入ってしまったらカードローンを組むことはできないの?
そういうわけではありません!

信用情報についた傷は数年間保管された後、また更新されます。

自己破産や任意整理といった「債務整理」をした方でも、信用情報が更新され次第再びカードローンを利用することが基本的にはできます。

信用情報は、誰でも情報開示を申請することで見ることができます。
自分の信用情報にキズが入っているか不安な方は、実際にカードローンに申し込む前に確認しておきましょう!

この記事で紹介させていただいた「審査に通らない理由」「審査に通らない人の特徴」は一部で、他にも様々な要因が考えられます。

より網羅的に審査落ちの原因・理由を知りたい方はこちらの記事が役に立つと思うので参考にしてみてください!

また、通らない人の特徴と理由をまとめましたが、「カードローンの審査が不安でも大丈夫!審査内容と通りやすくするためのコツを徹底解説」ではより具体的に審査に通る人や審査に通るためのコツなどの耳寄り情報もまとめているので是非一緒にチェックしてください!

審査が甘いカードローンのまとめ

今回の記事では、審査の甘いおすすめのカードローンを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

簡単にこれまでの記事を要約すると、

  • 「審査が甘い」カードローンは存在しないが審査に通りやすいカードローンにしっかりと申し込みをする!
  • 金利が高いと審査難易度は低くなる!
  • 「極甘審査ファイナンス」「即日審査なし」は闇金の可能性が大!
  • 「多重債務」で苦しんでいる場合には、「おまとめローン」でローンを一本化!

また、いま現状「多重債務」で今回紹介した金融機関でも融資が受けれないという場合は、「債務整理」や「自己破産」を検討するほうが良いかもしれません。

下記に本当に役立つ情報を載せておくので、ぜひ参考にしてみてください。

債務整理とは?4つの方法と債務整理のメリット・デメリットを解説!

自己破産とは何か?知恵袋・wikipediaより分かりやすく解説

この記事の監修FPのコメント

FP監修者:國弘泰治

氏名 國弘泰治(くにひろ・やすはる)
所属 FPオフィスALIVE

消費者金融のCMで「ご利用は計画的に」とあります。
例えば、5年後の旅行を海外にするとしましょう。自己資金があと少し足りないとなれば何年後かに延期するかクレジット

カードもしくは銀行もしくは消費者金融のカードローンなどで賄わなければなりません。

お金はどこでも借りれば良いのでなく、「適法な金利はどのくらいなのか?」「自分の年収ならどのくらい借りれるのか」「闇金や街金ではないか」など色々と指標が出てきますので引っかからないためにもこのポイントを意識するようお願いします。

>國弘泰治氏の詳細はこちら